相方さんも作ったよ。タバコケース1・2。

(2015年夏、レザークラフト始めたときの話です)

私がちまちまやってるの見て、
相方さん(旦那)もレザークラフトやってみたくなったようで。

頼りはフェリシモのキットについてた解説書と
図書館で借りてきたレザークラフトの本と
ネットの斜め読みw

一切知識のない者同士、
あーでもないこーでもないとわちゃわちゃ。

相方さんの初作品は、シンプルなタバコケース。

バネホックも上手につけれたし、
縫い方も私はかわいいと思ったけど
(目がそろってないのはお互い様・ご愛敬)
相方さん的には革の感じが好きではないらしい。
ふ~ん。つるつる薄めの革は嫌いか。
このへん、好みが分かれておもしろい。

向かいで私は何してたかというと、
練習のために、自分の持ってる定期入れを再現する作戦。

机の上はカオスです(≧▽≦;)
(定期やタスポなど個人情報のとこはモザイク入れてます。)

でもこの定期入れはあんまり気に入らなかったので
縫う練習、革をきれいに切る練習だけで終わった感じ。
完成品どこにいったんやろ・・・
このあたりから、丸穴で波縫いじゃなくて
ちゃんと菱目打ちで穴あけて2本針で縫うようになったのかな。
(記憶がおぼろげ)

で、相方さん二作目。
厚めの革を選び、縫い方も変えてチャレンジ。
粗削りな感じですが、本人に似合ってていいんじゃない?
私は床面磨いたほうがいいんじゃない?って言ったけど
本人いわく、これでいいそうです。

これは本人もかなり気に入って大事に使っていました。
色も落ち着き、形もきれいになじんできてたのに・・・
ある日、ショッピングモールのトイレに置き忘れたらしく。
すぐに気づいて慌てて取りに戻ったけど、
なくなってたそうです。
めっちゃショック受けてた(≧▽≦;)

これは2015年当時のタバコケース写真ですが、
今はアイコスに変えてるので今度はアイコスケース作ればいいや~ん。

そんなこんなで、
型紙作っただけで挫折したり、
はたまた全然お道具にも触らなくなったり、
買ってきたレザークラフトの本眺めて終わったりしながらも、
ぼちぼちやってます。

相方さんはレザークラフト始めて初めて
老眼に気づいたそうです。
縫い目が見えないのは手元が暗いせいじゃないって(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まろまま∵ より:

    すごい、本格的!
    タバコケースも素敵だったのにね。
    ショック。。。

    • pikusino より:

      ※まろままさんへ※

      こっちにもコメントありがとうございます!
      本格的かどうかはともかく、
      けっこう楽しいですよ。
      お裁縫とはまた違って、ちょっと工作っぽい感じが。
      タバコケース、本人お気に入りだったので
      お世辞でも素敵って言ってもらえたら喜びます(笑)
      伝えておきますね(*^▽^*)ノ